理容室は社交場 理容師と弾む会話が楽しくて固定客に

記事入れ169
理容室が社交場になっている場合も多いです。
基本的に、理容室は定期的に訪れるところですから、当然固定客がつくことになります。
固定ということは、そこで顔なじみになっていき、話しが弾むことは当然考えられることです。
固定になってしまうのにはいくつか理由がありますが、話しやすい環境、リラックスできるということあります。
技術の上手下手といったことは当然ですが、それだけではなくも、私の髪質や癖を熟知していてくれるという安心感が大きいとされています。
料金も手頃でなんといっても美容師との会話も楽しいということになると、また来ようということになります。
カットだけでも1時間くらいはかかりますが、その間の会話も楽しく、他の固定客も現れて、ということになると、美容室の中はちょっとしたサロンと化すことになります。
このような雰囲気が反対にイヤという方の場合は、スピード重視の美容室がお勧めです。
機械的に髪を切ったりするだけで、ろくな会話もなくすべてを終了することができます。
美容室の質も大切ですが、社交場としての場所提供をするのか、会話を楽しむ空間を作るのも美容室の特質の一つです。http://www.hiroginza-recruit.com/

なじみ客になると、ほとんど家族のように会話が弾む場合もあり、親子揃って何十年も通っている美容室等も存在します。
おばちゃん年代ばかりではなく、若い方もこうした社交場を望んでいるという方も少なくないかもしれません。
反対に話しかけられて困ってしまうという方も存在します。
理容師・美容師養成功労で大臣表彰 河野さん祝賀会